不況だからこそおすすめ!

バブルがはじけて以来続いている不況の中で、積極的な投資や資産活用を避ける方は多数いるのではないでしょうか?そういう方にこそマンション経営をおすすめします。理由は、マンションやアパートの家賃水準は、株価の急激な影響をあまり受けず、だいたい安定しているためです。着実なプランのもとで、賃貸を行うことで、危険度や出費を最小限に抑え、有効な資産活用が実現します。会社勤めの方などで、自ら舵をとるのは不安という方は、手数料などは必要となってきますが不動産会社を介した経営も可能です。例えば空き部屋が存在しても一定期間は家賃収入を保証してくれるシステムや、家賃滞納者への対応など、賃貸会社のノウハウを活用するのも一つの方法ではないでしょうか?

代表がアパート経営をする時に重要点は、長期において続けてゆくという事です。

見積もり価格は安さだけでみるのでなく、管理方法や耐久性・そして維持費用までちゃんと考えましょう。次に見積もり事項の中で注意ポイントを記載します。10年経過してからの家賃収入が減っているか、及び空室リスクが盛り込まれているかを確認しましょう。またその後の大きな修復コストが取り込まれているのか確認しましょう。この箇所は空室リスクにも直接関係してきます。
最後に景気の変動が予測されているかも確証してください。この数値が低く見積もられていると危険です。また返済額も一緒にチェックしましょう。不明な時はどうしてその設定なのか聞いてください。