レーザー脱毛はこの頃行える脱毛の中で非常にポピュラーなやり方と言えます

レーザー脱毛はこの頃行える脱毛の中で非常にポピュラーなやり方と言えます。これは、レーザーの光を皮膚の下の黒色の毛や毛根部に照射することによってダメージを加えてそのあとに毛が生えてこないようにしてしまうものです。メリットですが、痛みが少ない、時間が短いということです。レーザーはメラニン色素に反応しますから、薄毛やうぶ毛は効果が出ないのが短所となるのです。
毛には3通りの決まった生えかわりサイクルがあります。成長期・退行期・休止期の3種類でこのサイクルのリピートを“毛周期”というのです。毛周期は生えている部位ごとに異なっていて、3か月程度の短期間のものから5年程度の長い期間のものまであるそうです。成長期は、毛母細胞が分裂を始めて毛が皮膚の上部に出てきて伸びる期間なのでしょう。退行期には毛の伸びがストップしてしまし、取れる準備がスタートです。毛細胞の分裂は止まってしまいます。休止期とは、毛が抜けて新しい毛が生えてくるまでの期間のことを言っています。脱毛する時は毛周期を考えてやった方が効果を実感できます。

体の場所ごとに毛のタイプや生えている面積は異なりますので、各々の場所に合わせたやり方で脱毛する必要があります。全身脱毛は、範囲がとても広いのでちょっとずつやっては時間がかかりすぎます。その場合医療レーザーで脱毛することが合っています。医療レーザーは顔やワキ、脚、腕など体のかなりの場所を脱毛できるようですが産毛には使いません。場所によって効果が違いますのでそれぞれどの辺を重点的に脱毛したいかをしっかり考えましょう。