OA機器のレンタルとはどのようなものか

PCやプリンター、シュレッダーなどは、オフィスには必要なOA機器です。PC一台だけでもスペックが高いと数十万円する種類のものがあり、一から全て揃えるとなると高額になるため、どのようにするかお悩みの方は多いと思います。そういったOA機器を導入する際は購入する、リースを利用する、またはレンタルを利用するの主に3つの方法があると言えます。

購入する場合は、OA機器の所有権は購入した者に移ります。中古ならば安く購入できますが、以前別のオフィスで使っていた分だけ寿命が短くなっています。
新品なら中古より高額になりますが最新機種の使用が可能ですし、好きなだけ自由に使うことが出来ますが、この中では一番高額になってしまいます。新しいOA機器に入れ替えするときは、古いOA機器はいったん倉庫にでも置いておくか、または廃棄料をかけて処分することになります。

コピー機のリースの事ならお任せ下さい!
着物をレンタルしたと、みてわかりますか?:生活・身近な話題:発言小町 : 大手小町:YOMIURI ONLINE(読売新聞)

リースを利用すると、毎月無理なくリース代をお支払いできます。新しいOA機器に入れ替えするときも容易です。初期導入経費も抑えられますし、保守サービスもあるので使い続けても安心です。
その代わりにOA機器の所有権はリース会社から移らず、自由に使えるわけではなく、リース期間内だけとなります。もし中途解約すると、違約金が出ることもあります。

レンタルを利用すると、毎月一定額を支払うだけです。上位機種へアップグレードしたくなれば、これまで使っていたものと交換するだけです。購入することなく常に新しい機種を使い続けることも可能です。
リースのように中途解約違約金が生じることは無いので、好きな期間だけ利用することができます。その分、リース同様に所有権はレンタル会社のままとなり、レンタル会社で用意しているOA機器しか利用することはできません。長期間レンタルを継続すると、結果的に購入した方が経済的だったと言うこともしばしばあります。購入する、リースを利用する、レンタルを利用する、どれもメリット・デメリットがありますので、自分にあったスタイルを選択していくと良いでしょう。

 

OA器具をレンタルしたいという会社もあるかもしれません。OA器具はイベント会場によって必要になることもありますから、レンタルをしていると大変便利なものです。また新しいOA器具を購入する際の商品の見定めや、本当に必要なのかどうかを考えるためにもレンタルでOA器具を取り扱うことは便利なことかと思います。またOA器具はレンタルでなくともリースも行っております。リースとレンタルのメリットを比べましょう。