海外の不動産ルールについて

日本で不動産取引をする場合には宅建が必要になってきます。 不動産会社を経営している人であれば、みんな持っているはずです。
この宅建は、日本での不動産取引をする事ができる資格になっています。 海外で宅建を持っているからと行って不動産の売買をする事はできません。 国によって不動産売買をする事ができる資格というのは違っています。 各国の不動産取引に必要になってくる資格を紹介します。

「シンガポール」 シンガポールでは日本のように宅建資格みたいな制度はありません。 仲介に関しても自由になっています。
しかし、現地の人でなければ購入をする事ができない物件に限りはあります。 例えば、公共団地のようなものはシンガポールの現地の人しか契約をする事ができないルールになっています。 シンガポールの不動産は、あまり利回りが良くない傾向になっています。
それに、シンガポールの大家さんはかなり強い人が多く、家賃の支払いを少しでも遅れた場合には追い出されてしまうなどの事があります。 こういったところは日本との違いを感じます。
「マレーシア」 ここは比較的海外の人が不動産購入をするのに規制が少ないところです。 不動産の所有権についても購入をした人の名義にする事ができるし、売買に関しても自由になっています。 もし、海外で不動産投資を始めようと思ったときには便利そうな国ですね。
このように、国によって不動産管理について色々あるみたいです。 規制も違っているので、自分は不動産投資をしようかなと思っている国があった場合には色々調べてみるといいかもしれません。

 

日本の不動産物件の取引をするのは、あらゆる法規制があってやりにくい。そう考えて海外の不動産の取引を行う方も少なくないと思いますが、それにも注意が必要です。不動産物件の仲介は海外で行うことができても、日本のようにかってがいかない場合もありますので注意しましょう。よく調べてから不動産物件の購入をすると良いですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *