国によって違う資格

日本で不動産物件の取引をする場合に必要になってくる資格は宅建です。 しかし、これは日本国内での不動産取引に必要になってくる資格です。
海外で不動産の取引をする場合にはその国にあった宅建のような資格が必要になってきます。 アメリカでは、REセールスパーソンライセンス(米国宅建)と行って、不動産ライセンスが必要です。 実務経験はいりません。

REセールスパーソンライセンス(米国宅建)は不動産の証券化のプロとして海外では大変人気で評価を受けています。 この資格を取得する場合には、18歳以上で学歴や経験が必要なので、どんな人でもチャレンジをする事ができます。

そして中国では、「経紀業」「ジンジーイエ」と言われている仲介業があります。 これには、日本でいう宅建主任の国家資格に合格する程の知識が必要になってきます。
不動産経紀人就業資格と行って、不動産に関する全般の業務やコンサルティング業務をする事ができます。 試験を受けるには、学歴に相当した実務経験が必要です。
短大を卒業した場合には、社会人としての経験の6年間とその中の3年間での仲介業者としての実務経験が必要です。 受験資格になってくるので、最低でもこの条件をクリアしなければ受験をする事ができません。

このように海外で不動産取引をしようと思った場合に、日本での資格だけでは取引をする事ができません。 色々な国の資格を取得して、海外でも有効的な不動産活動をする事で安定した収入を得る事ができると思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *