インターネットサービスによって起こる社会問題の事例について

普段、パソコンや携帯電話で見ている情報も今では、世界中にインターネットが普及し、いろいろなインターネットサービスがあります。メールや、様々なサイトを見たりするだけでも色々楽しむ事ができますが、特定のサイトに登録することで、より深くインターネットサービスを活用することができます。登録された個人情報は、データベースの機能でサイトのサーバー等に保存され、堅牢なセキュリティで保護されているはずですが、悪意のあるハッキングや管理側の不手際等により、情報が外に漏れてしまっているのが現状です。

利用者側も、あまり考えずに安易に登録する事によって、個人情報が漏れてしまう恐れがあります。

インターネットにて買い物をしたり、SNSで交流したり、ネットバンキングも利用でき、好都合になりましたが、リスクもある事を十分に理解しなければなりません。さらに、スマートフォンの普及で、インターネットはより便利なものになりましたが、今では利用者の年齢層が低下していて、様々な社会問題となっています。

例えばこんな事例があります。小中高生が出会い系サイトを利用して事件に巻き込まれてしまうケースや、長時間ゲームアプリをやりすぎて、課金され多額の請求をされる場合や、全く思い当たらない架空請求やSNSによるトラブル等、その上スマートフォン依存症という病気まで出てきています。

人と会話すべき場所でもスマートフォンを手にしていないとだめで、一日中触っていないと不安になり、しっかりと眠れず、体調を崩していきます。こうなると健全な社会生活はおくれず、治療しなければなりません。

さて、問題が起きるとどうしてもインターネットが悪者扱いされてしまいますが、あくまで利用者側の知識不足やモラルの問題です。技術の進歩で機械が成長するのに伴い、人も成長して順応をしなければならないのです。

インターネットは生活の一部になり、もう無くてはならないものと言えます。使い方は知っているが、仕組みはいまいち分からない、ではいけません。自分が被害者にならない為には、インターネットのシステムを良く知り、うまく活用するべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *