内見の時に確認すること

アパートのような集合住宅の物件を探す時は、内見の際に入り口にある居住者のポストがある場所を見ると良いでしょう。宣伝のチラシが入ったままになっているポストの数が多い場合、そのマンションは、長い間入居者のない部屋が多いことがあります。空き部屋が多くても、管理のできている大家さんなら、チラシをすぐに掃除していると思いますので、そういうマンションは管理会社もずさんな場合が多いです。

数社の査定を比較しよう!

今の住まいを売って、新居購入資金にする場合、査定を依頼する仲介会社を選ぶ事はすごく重要な事です。査定額を出してもらう時点では、依頼した不動産会社で契約をしなくても大丈夫なので、一つの不動産業者だけでなく、少なくとも3社から5社には、査定をお願いすると良いでしょう。営業の人の中には、言葉だけで、都合のいい事を言って、本当のところは会社の都合しか考えない人も時としていますので、査定額だけでなく、自分との相性がいいか、満足のいく売買に最後まで協力をしてくれそうか、という事を、仲介会社を選ぶ時の一つの基準にすると良いでしょう。

国によって違う資格

日本で不動産物件の取引をする場合に必要になってくる資格は宅建です。 しかし、これは日本国内での不動産取引に必要になってくる資格です。 海外で不動産の取引をする場合にはその国にあった宅建のような資格が必要になってきます。 アメリカでは、REセールスパーソンライセンス(米国宅建)と行って、不動産ライセンスが必要です。 実務経験はいりません。

海外不動産投資のリスクについて

海外不動産投資を行なう場合には、メリットもあればデメリット部分もありますから、しっかりと理解したうえで、海外不動産投資を行うようにしましょう。 海外に住んだり、投資をしたりした経験のある方は知っていると思いますが、お金を移動するということは、意外に手間がかかり面倒でもあります。 お金を、自分で持ち込む場合にしても、金額を制限されてしまったり、銀行を利用して送金する場合にも、ルールが決められていることもあります。

海外不動産投資に対するルール

現代の日本は長期的に見ても人口が減少傾向にあり、経済が停滞してしまうことが確実視されています。 ですが、海外の国では、日本とは違い、チャンスは無数に残されているのです。 海外不動産において投資をするのであれば、人口がどんどん増えていて、経済成長も同時に行われている国が数多くあります。 経済成長していて人口が増えている国が投資対象として適しているかというと必ずしもそうではないのです。

海外の不動産ルールについて

日本で不動産取引をする場合には宅建が必要になってきます。 不動産会社を経営している人であれば、みんな持っているはずです。 この宅建は、日本での不動産取引をする事ができる資格になっています。 海外で宅建を持っているからと行って不動産の売買をする事はできません。 国によって不動産売買をする事ができる資格というのは違っています。 各国の不動産取引に必要になってくる資格を紹介します。